カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
 

企業防災の考え方

企業防災備蓄品のご案内
防災備蓄・対策の必要性 時系列別防災備蓄品 防災備作品一覧
防災備蓄・対策の必要性

〜日本は地震国である〜
日本は、4つのプレートの上に位置しており有数な地震大国です。
(ユーラシアプレート/北アメリカプレート/フィリピン海プレート/太平洋プレート)
日本でのマグニチュード6以上の地震発生割合は、世界の地震発生の20%以上を占めています。
これらの事から日本は地震が何時起きてもおかしくない地震国といえるでしょう。
その他近年の台風や豪雨・豪雪による被害も多く、それらの災害に対しても同様な対策が
必要となっています。


〜防災対策の必要性〜
近年、地震・津波・台風・豪雨・竜巻・豪雪と様々な災害が日本のみならず
全世界を襲っています。その様な災害に対して、企業ではBCP(事業継続計画)の
策定・運用することで緊急時に備え、自治会や町内会による自主防災会を立ち上げ、
地域住民による備えや訓練をすることにより起こり得る災害を想定(イメージ)し、
それぞれの災害の対応、復旧(復興)を考えることが大切です。
そうする中、まずは『社員(その家族)やお客様』や『個人』の生命が助からなければ
なりません。すなわち『自助』ができなければ『共助』に移れません。
その為に、日頃からの備え(事前の準備)、発災後の対応、被災後の対応・復旧と
生活をしているまたは企業(関係会社を含む)のある地域にどの様な災害が
起こりうるかに合った備えをしていただければとおもいます。